第26回あいけん研修会

木を活かすということ-CLTから製材まで-

設計とは様々な与条件に対しての答えとしてのモノを作る作業です。

長い時間がもたらす材料の変化や地震や風の作用がもたらすものの壊れ方を把握し、空気の流れをいかに制御するかといったことは与条件として与えられる物理作用のコントロールです。

2022/2/22(火)開催

木を活かすということ-CLTから製材まで-

福山 弘氏お写真

福山 弘 氏Hafnium architects 代表

講師紹介

東京大学工学部都市工学科都市デザイン研究室出身。稲山建築設計事務所(現ホルツストラ)職員として活動。2011年から5年間、東京大学木質構造学研究室特任教授を務められました。現在は、Hafnium architects代表として先進的な木造建築のさまざまなプロジェクトでご活躍されている意匠・構造設計者です。

セミナー詳細

開催日時 2022年2月22日(火) 講師:福山 弘 氏 【申込締切:2022/2/21(月)】15:30 - 16:30
開催ツール Zoom ウェビナー※Zoomを初めてご利用される場合はこちらのリンクよりZoomの視聴環境をご確認ください。
受講料 無料
その他ご連絡事項 受付完了画面、申込確認メールに当日あいけんホームページより接続いただくためのID、パスワードを記載しております。メモなど控えをとっていただくとスムーズに受講可能です。 セミナー終了後に表示されるアンケートにご協力をお願いいたします。 お申込み時のご質問・備考欄に、先生にお伺いしたい内容がございましたらご記入願います。 当日のご参加が難しい方で、後日配信されるアーカイブをご視聴される場合は、お申込み時の備考に『アーカイブ配信を視聴予定』と記入してください。