認定職業訓練

大工技能検定準備講座

大工技能検定準備講座

大工職人に資格は必須ではありませんが、大工職人としての技能を証明するものがあります。それが『技能検定』です。技能検定に合格することで「技能士」と名乗ることが出来ます。技能士は、あなたの大工職人としての力を国が証明したものです。大工職人ならば、誰からも認められ、目に見える確かな技能と知識を身につけませんか?

技能検定って?

働く人たちの技能や知識を一定の基準によって検定し、これを公証する国家検定制度です。特級、1 級および単一等級は厚生労働大臣名、2級・3級については、愛知県知事名の合格証書が交付され、技能士という称号が与えられます。

技能士のメリット
ポイント1 技能士を名乗ることができます。 名称独占のため、技能検定合格者以外は名乗れません。
ポイント2 建設工事等において配置する技術者資格 建設業法による専任の者、主任技術者の資格 1級技能士等による施工および作業指導
ポイント3 他資格試験の受験資格や一部試験免除 (労働安全コンサルタント試験、職業訓練指導員試験、作業環境測定士試験など)
その他のメリット(※一例として) 建設キャリアアップシステムレベル評価保有資格 登録建築大工基幹技能者の要件 ものづくりマイスターの要件 技能グランプリ出場要件

※こちらに挙げているものは一例となります。詳しくは厚生労働省のHPをご覧ください。

募集要項

本講座では、技能検定のうち建築大工1 級・2 級の実技試験合格を目指します
対象者 2021 年度1 級・2 級の建築大工の技能検定で実技試験を受検される方(将来的に受検を考えている方も可)
受講料  1級受検希望者 51,600 円 (あいけん会員外 69,600 円) 2級受検希望者 48,400 円 (あいけん会員外 66,400 円) ※受講料には材料が2 セット分含みます。進捗や技能程度にもよりますが、本講座には概ね4~5セットの材料が必要になります。追加の材料につきましては有料にて承ります。各自でご用意していただくことも可能です。 ※大工道具は各自でご用意ください。 ※技能検定料と受検申込みについては別途必要となります。
講座スケジュールと定員数 本講座は全13回、合計80時間で、金曜日と日曜日の2コース(定員各10名)からご選択いただけます。 2021年受講日程表 ※スケジュールは変更される場合があります。予めご了承ください。
<技能検定の大まかなスケジュール(後期スケジュール)> 10月上旬 : 受検申請の受付 11月下旬 : 実技試験問題公表 1月中旬頃 : 実技試験 2月頃 : 学科試験 3月頃 : 合格発表

詳しくは、職業訓練法人愛知県建設センターまでお問い合わせください。

大工技能検定準備講座

▼ お申し込み ▼